遺言

遺言には大きく分けて普通方式と特別方式の2種類があります。特別方式は死亡の危急が迫っている場合など特殊な場合ですので、一般的には普通方式によります。
普通方式には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類がありますが、よく利用されるのが自筆証書遺言と公正証書遺言です。以下この2つについて記載します。

自筆証書遺言

自筆証書遺言は、その名のとおり自分で書く遺言です。遺言書の全文、日付および氏名を自書し、印を押さなければなりません。したがって、パソコンで作成して署名捺印だけするというのはできません。

自筆証書遺言のメリット
・いつでも自分で作成できる。
・自分で作成するので費用がかからない。
・誰にも知られないで作成できる。

自筆証書遺言のデメリット
・法定の条件を満たしていないために無効になる可能性がある。
・紛失の可能性や、変造・偽造される可能性がある。
・検認手続きが必要になる。
・遺言の解釈で問題になることがある。

公正証書遺言

公正証書遺言は、証人2人以上の立会いのもと、遺言者が遺言の趣旨を公証人の面前で口授し、それに基づいて公証人が遺言者の真意を正確に文章にまとめ、公正証書遺言として作成するものです。
口や耳が不自由な方でも公正証書遺言をすることができます。

 

公正証書遺言のメリット
・公証人が作成するので、方式の不備で無効になることがない。
・原本が公証役場に保管されるので、紛失や偽造・変造される可能性がない。
・検認手続きが不要である。

公正証書のデメリット
・手間と費用がかかる。
・証人に遺言の内容が知られる。(※証人には、推定相続人やその配偶者および直系血族はなれません。)

お気軽にご相談下さい

0436-76-7008

ご対応時間:8:30 ~ 17:00(土曜、日曜、祝日 休業)