債務整理・過払い金

債務整理の種類は、任意整理、特定調停、自己破産、民事再生があります。
また、利息制限法に定められた利息に対し、利息を多く払いすぎていた場合には、過払い金返還請求を行います。
以下、任意整理と過払い金返還請求について記載します。

主な流れ

1.相談および受任
 債務整理を受任すると、当事務所から各債権者に対して受任通知を発送します。これにより債権者からの請求が止まります。

2.取引履歴の開示
 受任通知の発送から1~2ヵ月すると、債権者から、依頼者との間の取引履歴の一覧表が当事務所に送られてきます。

3.引き直し計算
 取引履歴の一覧表をもとに、当事務所で、利息制限法に定められた利息に対し、払い過ぎている利息がないか計算を行います。払い過ぎている利息があると、債務が圧縮されたり、過払い金が発生します。

4.和解提案または過払い金請求
 引き直し計算をした結果、利息制限法の範囲内だった場合、または債務が残る場合には、返済計画案を債権者に提示します。
過払い金が発生した場合には、過払い金の返還請求を行います。

5.和解契約
 返済計画案に対する債権者の回答を聞き、交渉の上、返済内容を確定し、和解契約を締結します。

6.返済開始
 和解契約の内容にしたがい返済を開始します。

任意整理とは

裁判所などの公的機関を利用しないで、司法書士が直接債権者と連絡をとり、引き直し計算の上、将来利息のカットや返済方法の変更などを交渉し、和解を進めていく手続きです。
現在、債務整理の主流となる手続きです。
実務的には、返済期間3年から5年の範囲で将来利息をカットし和解を進めますが、取引期間が短かったり特定の債権者によっては将来利息を請求してくることがあるので注意が必要です。

任意整理のメリット
・自分の毎月の返済可能な範囲に返済方法を変更することができます。
・自己破産など裁判所を利用する手続きとは違い、債務整理をする借入先/整理をしない借入先を選ぶことができます。
・任意整理は過去にさかのぼり、利息制限法に定める利息に引き直して計算を行うため、取引年数が長い場合、借入金額が減ったり、逆にお金が帰ってくる可能性(過払い金)があります。
・将来の利息についても交渉するため、任意整理後の返済が楽になります。

任意整理のデメリット
・信用情報機関に登録されます(いわゆるブラックリスト)ので、7年から10年程度は新たに借金をすること、クレジットカードを作ること、ローンを組むことなどが制限されます。

過払い金返還請求とは
過払い金とは、金融業者に返済し過ぎたお金のことです。
なぜ、返済し過ぎるということが起こるかというと、利息制限法には金額に応じて利息は15%~20%までと定められています。しかし、多くの金融業者は出資法に定められていた29.2%を上限に利息をとっていたのです。(利息制限法と出資法の間の利息がグレーゾーン金利と呼ばれるものです。)
したがって、その超過分が利息の払い過ぎとなり、払い過ぎた利息は元本に充当されます。充当していくとやがて元本は0となり、以降、過払い金が発生していくのです。
過払い金は、金融業者の不当利得となりますので、過払い金の返還を請求することができるのです。

過去に完済している場合でも、完済から10年経過するまでは、過払い金の返還請求をすることができます。

費 用

任意整理
債権者1社につき、25,000円+消費税
※債権者と和解契約が完了した後にお支払いいただきます。
 分割払い可能です。

過払い金返還請求
返還額の20%+消費税。
ただし、最低25,000円+消費税
(※裁判になった場合を除く。)

お気軽にご相談下さい

0436-76-7008

ご対応時間:8:30 ~ 17:00(土曜、日曜、祝日 休業)